日本軍縮学会主催オンライン研究会
「CCW-LAWS-GGE に向けて:2019-2020 の国際社会の議論と論点整理」開催報告、報告資料(2020.07.16)

テーマ:「CCW-LAWS-GGE に向けて:2019-2020 の国際社会の議論と論点整理」
日時:2020年7月16日(木)18:30ー20:00
会場:オンライン
報告:佐藤丙午(拓殖大学教授、PSET幹事)
「CCW-LAWS-GGE の展望と国際社会の議論」

報告:櫻井佑樹(AAR/難民を助ける会
「GGE に向けた市民社会の目標と戦略(仮)」

モデレーター: 榎本珠良(明治大学研究・知財戦略機構 特任教授、PSET幹事)
[主催]日本軍縮学会[開催協力]安全保障と先端技術プラットフォーム(PSET)

[開催報告]

特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)LAWS政府専門家会議をテーマにした、日本軍縮学会主催の公開オンライン研究会が開催され、PSETは協力団体として参加しました。デモレーターをPSET幹事の榎本珠良(明治大学)が務め、同じくPSET幹事でLAWS政府専門家会議にも参加している佐藤丙午(拓殖大学)が報告「CCW-LAWS-GGE の展望と国際社会の議論」を行い、それを受ける形で市民社会の視点からLAWS問題に取り組んでいるAAR(難民を助ける会)の櫻井祐樹氏が報告「GGE に向けた市民社会の目標と戦略」を行いました。報告後に行われた質疑応答では技術系の参加者からLAWSの技術的根幹とされる「AI」についての技術的課題、規制の対象、方法等これまでのLAWSの議論と比較して現実的な話題が多く扱われたのが印象的でした。実在しない兵器に対する規制、発展途上の技術に加えて軍事利用という複雑さ故に様々な課題が混在する「LAWS」問題については引き続き注視が必要であると同時に「AI」を身近な技術として認識する事が今後の議論にとって重要だと感じました。


PSET(安全保障と先端技術プラットフォーム)研究会第2回「民生技術と新型コロナウィルス感染症(COVID-19)対策:中国、台湾、日本の技術的視点からの比較」(非公開、招待制)(2020.06.19)

テーマ:「民生技術と新型コロナウィルス感染症(COVID-19)対策:中国、台湾、日本の技術的視点からの比較」(非公開、招待制)
日時:2020年6月19日(金)18:30-20:30
会場:オンライン
講師/実演:時田 剛(NRIセキュアテクノロジーズ株式会社セキュリティコンサルタント)
解説/実演:平田知義(明治大学POLARIS 軍民両用・融合技術研究ユニット代表、PSET技術顧問)
モデレーター:佐藤丙午(拓殖大学教授、PSET幹事)
[開催報告]

PSET第2回目の研究会は新型コロナウィルス感染症対策としてオンラインでの開催となりました。民生技術として主にスマートフォンに焦点を当て、中国、台湾、日本における新型コロナウィルス感染症対策について技術的視点から比較する事を目的として開催しました。意外と知られていない中国国内向けスマートフォン実機(Realme X2)を使った解説や実演。日本の厚生労働省が作成したアプリ「COCOA」リリース前の解説、台湾の新型コロナ対策アプリのシュミレーション、水際対策で効果を挙げたサーマルカメラ搭載特殊スマートフォン「CAT S61」の実機を使った実演を行い、各国の対策の比較、安全保障との関連性、日本の対策や技術の扱いについて議論しました。


PSET(安全保障と先端技術プラットフォーム)研究会第1回「AI技術:兵器利用、汎用技術の現状」(非公開、招待制)開催(2020.02.26)

テーマ:「AI技術:兵器利用、汎用技術の現状」(非公開、招待制)
日時:2020年2月26日(火)13:00-15:00
会場:拓殖大学
文京キャンパス F館301教室
講師/ナビゲーター:平田知義(明治大学POLARIS 軍民両用・融合技術研究ユニット代表、PSET技術顧問)

[開催報告]

PSET第1回目の研究会は「AI技術:兵器利用、汎用技術の現状」をテーマに、AI技術の兵器利用、民生利用それぞれの現状を「ハード」の視点から現状を整理すると共に、「AI」に対する定義の曖昧さ故の専門家会合、学術、マスメディアと民間企業、一般ユーザーとの意識、認識、論調の差について問題提起をした。また、これまでの「AI」をはじめとする「先端技術」をテーマにした研究会、議論の場において実機の展示やデモンストレーションを行う事が極めて少ない事にも言及し、PSET参加団体でもある明治大学POLARISが掲げる「見て、触れて、感じる」を実践する形で、実在するAI技術を利用した兵器を模した機器の展示、デモンストレーション、参加者による体験を行った上で、「立場を超えた共通認識の醸成」「現実的な議論と責任の伴う提言」を行う為に必要な観点、要素を参加者全員で議論という、ありそうでなかった新たな試みの会になりました。PSETでは今後も研究会を定期的に開催していく予定です。


RECNA(長崎大学核兵器廃絶研究センター)「先端技術と核リスク」研究グループ、PSET(安全保障と先端技術プラットフォーム)共催研究会「サイバーセキュリティと戦略的安定性」開催(2019.02.07)

テーマ:「サイバーセキュリティと戦略的安定性」
2020年2月7日(金)9:00-11:00
戸田記念国際平和研究所
カンファランスルーム
概要:核戦略とサイバーセキュリティにおける戦略的安定性の間にはどのような相違があるのか。サイバー攻撃の主体が多様、多数、見えないことから生じるサイバー戦場の霧について検討します。
講師:土屋大洋慶應義塾大学総合政策学部長・教授)

[開催報告]

RECNAの科研費「グローバルな核リスク極小化に向けて:新たな理論構築と実践的政策提言」研究グループ(2018年度~2020年度)の活動の一環として、「先端技術と核リスク研究会」を適宜開催しており、今回は、サイバーセキュリティをテーマにPSETと共催で開催しました。講師には、慶応大学の土屋大洋教授(専門は国際政治)を招待し、招待者のみの非公開の研究会として実施し、大学関係者を中心に民間企業の専門家を含む12名が参加しました。

土屋教授からは、サイバーセキュリティの歴史に始まり、「サイバー攻撃」の分類、日本の防衛計画大綱におけるサイバーセキュリティの位置づけ、そして「サイバーがもたらす『戦略的不安定性』」についての分析などについて講演をいただきました。特に、日米の防衛戦略における課題、米ロ間のしのぎあいがもたらす影響などについての懸念も紹介されました。

この後、民間企業の専門家や安全保障の専門家を交えて、今後のサイバー攻撃に対する対応策、国際的な枠組み、米ロを中心とした核戦略への影響など、幅広い課題について、熱心な意見交換が行われました。

PSETでは、RECNA「先端技術と核リスク研究会」研究グループはじめとするPSET参加団体と研究会を共催していく予定です。


安全保障と先端技術プラットフォーム(PSET)設立記念シンポジウム「安全保障と先端技術:責任あるイノベーションを考える」開催(2019.12.17)

「安全保障と先端技術:責任あるイノベーション」をテーマに佐藤丙午(拓殖大学教授)の基調講演、伊藤和子氏(NPO法人ヒューマンライツ・ナウ、弁護士)のコメント、先端技術、安全保障等の専門家からなるPSET幹事が登壇してのパネルディスカッションに至るまで、異なる視点、多様な意見、自由な討論とPSETのコンセプトを強く押し出したシンポジウムが開催出来たように思います。

師走の休日にも関わらず多くの参加者にご来場いただき会場は満員御礼状態。参加者の皆様には改めて御礼申し上げます。

今後も引き続き「安全保障と先端技術」をテーマに「異なる視点」「多様な意見」「自由な討論」を基本路線として企画、運営していきますので引き続きよろしくお願いいたします。


安全保障と先端技術プラットフォーム(PSET)設立記者発表(2019.12.17)

設立記念シンポジウム開催後にPSET設立記者発表を行いました。

記者発表にはPSET代表の稲垣知宏(広島大学教授)、発起人の鈴木達治郎(長崎大学教授)、幹事の榎本珠良(明治大学研究・知財戦略機構 客員准教授)、佐藤丙午(拓殖大学教授)が登壇し、設立の経緯、趣旨、使命や今後の活動計画について説明しました。